通販でタイヤを購入するときの方法とコツ

Pocket

こんにちは。のど麻酔なしで胃カメラを飲んでしまった、元ディーラー整備士で1級整備士のゆうすけです。

タイヤはインターネット(通販)で購入すると、店舗での価格より非常に安く手に入ります。

サイズによっては、4本で5万円以上安くすむケースもあるので驚きです。

しかし、インターネット通販が安いことは知っていても、なかなか購入するのを躊躇される人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、今回はタイヤを通販で購入する方法とコツをご紹介します。

 

スポンサーサイト


 

さて、たくさんの人が、インターネットでタイヤを購入するのを躊躇しているのには次のような理由があるのではないでしょうか。

もしかしたら、この記事を見ていただいているあなたもその一人かもしれませんね。

・タイヤを買っても、どこに交換作業を頼めばいいのかわからない

・交換作業の料金がかかるので、結局店舗で買ったほうが安く済むのではないかと思う

・タイヤが家に届いても、一時的にも置く場所がない

・インターネットの取引に不安がある

こんなふうに考えている自動車ユーザーのために、インターネットでタイヤを購入する場合の、取り付けの方法やコツをご紹介します。

 

 

ネットで購入したタイヤを、整備工場に持ち込んだ場合どうなるか

 

それでは最初に、

「ネットでタイヤを買ったのですが、交換してくれますか?」

と、購入したタイヤを突然整備工場に持っていくとどうなるかについて、私が整備士だった経験をもとに説明します。

 

ケース1 整備工場に嫌がられる・断られる

 

整備工場側から、嫌がられることが圧倒的に多いと思います。

場合によっては断られます。

私も整備士の頃、実際に「嫌だな」と思っていました。

なぜ嫌なのかを説明すると、ズバリ「儲からない」からです。

 

整備工場側からすると、タイヤ交換作業の工賃というのは、実はあまり割に合わない作業です。

よく、テレビ等で「雪の降り始めで、タイヤ交換が大忙しの整備工場」なんていうニュースが流れて、「儲かりますね」なんてコメントをするレポーターがいますが、これ、とんでもない話です。

ぜんぜん儲かりません。工賃が安すぎるのです。その忙しさから、従業員に残業なんてさせてしまったら、赤字となりえるくらいです。

ではなぜ多くの整備工場がタイヤ交換の工賃を安い金額に設定しているのかというと、ズバリ、タイヤが売れると儲かるからです。

タイヤ交換のタイミングで、交換をすすめると買ってもらえるケースが結構あります。

実はタイヤの利幅はとても大きく、お客様からタイヤ4本購入してもらえば、整備工場にとって相当額の部品代の利益がでます。

 

タイヤ販売 → 儲かる

タイヤ組み付け・交換 → 儲からない

の法則です。

 

つまり、

「タイヤ交換はあんまり儲からないけど、時々新品のタイヤが売れれば、万々歳だね。」

「タイヤ買ってもらえば、工賃は無料でいいよ。」

というような感覚が、昔から整備工場に根付いています。

 

もうこのあたりでおわかりだと思いますが、タイヤをネットで購入して取り付けを依頼した場合、整備工場ではこんな事を思っている可能性があります。

「タイヤの取り付けだけの依頼なんて、むしが良すぎるずうずうしい客だ」

「一番儲かるタイヤの部品代の利益は他でもっていって、うちでは交換作業だけのビンボークジか・・・」

「この依頼を安く請け負ってしまえば、今後うちの整備工場ではタイヤは売れないだろう」

「タイヤをインターネットで購入したことを後悔させたい」

「相談してくれれば、少し安い価格でタイヤを販売したのに・・・」

 

インターネットで購入したタイヤの取り付けを依頼すると、このような理由から、嫌がられたり断られたりします。もちろんユーザーさんに悪気がなくとも。

これはしかたないことかもしれませんね。

特に友人の整備工場や、馴染みの整備工場に依頼する場合は少し考えてみた方が良いかもしれません。

 

 

ケース2 タイヤの取り付けの料金がすごく高い

 

これは、持ち込み交換は受入れるが、店舗で買ったときの倍くらいの取り付け料金を掲示される場合があるということです。

正直に言うと、私が以前にいた会社はこのケースです。

 

要するに、

「やってもいいけど、持ち込み料はもらいますよ」

みたいな感じでしょうか。

交換してくれるところを探しても、交換工賃、タイヤバランス料などを含め10000円~20000円くらいはかかってしまうことが多いようです。

これでは、せっかくインターネットで調べて安くタイヤを購入した苦労がむくわれません。

 

ケース1と2をよく考えて、インターネットでタイヤを購入する場合は、必ず「どこで交換するのか」を、購入する前に考えることが最も重要なことです。

 

それでは「どこで交換するのか」という問題に対して、次の3パターンの方法をご紹介します。

 

1.安く取り付け可能な整備工場を探してから購入する

2.取り付け提携工場があるサイトで購入する

3.全てをお世話してくれるサイトで購入する

この3パターンを1つずつ説明していきます。

 

安く取り付け可能な整備工場を探してから購入する

 

一般的に、「ネットで購入したタイヤの持ち込み交換依頼は整備工場から嫌がられますよ」という話を先にしました。

しかし、それを逆手に取り、

「うちの整備工場では、タイヤの持ち込み交換を大歓迎しています」

という整備工場も実は数多く存在します。それなら

「持込み交換を歓迎する整備工場を近所から探しましょう」

というのがこの方法です。

 

この方法については別記事で詳しく書いていますので、ぜひご覧下さい!

 

 

ネット通販で賢く節約!持込み取付けがてきて、安くて、信頼できる整備工場を探すコツ

↑ 新しいタブで開きます

 

取り付け提携工場があるサイトで購入する

 

何度も言いましたが、インターネットでタイヤを購入する場合は、必ず取り付けをどうするかを考えなければなりません。

しかし、インターネット通販サイトでも、「サイト提携整備工場」がある場合が有ります。

これは、購入したタイヤが届いた後に、「購入したサイトの提携整備工場」で比較的安い料金で交換ができるというものです。

ここから、そのような「提携整備工場」をたくさん持っている通販サイトをいくつかご紹介します。

 

 

・アマゾンの場合

 

意外と知られていないのですが、実はアマゾンのタイヤはやなり安いです。普段からアマゾンを利用している人には最もおすすめです。

 

 

タイヤを選んだ後に、下部にこのような表示がありあります。(赤枠等は私が書きました)

赤枠の「交換・取付」をクリックすると、下の画面に飛びます。

 

ここではサービス券を購入したり、その他アマゾン提携先で交換することを選べます。

おすすめは、取付サービス券を購入するよりも、アマゾン提携先で交換することです。

上の表はアマゾンの提携先工場(スタンド)とその料金です。

表を見ると、アマゾンでタイヤを購入し、宇佐美や出光で交換すると、1本1080円から交換できるようです。これは安い。

 

アマゾン提携先で交換する場合、このような流れになるようです。

これはとても便利ですね。しかも安い。これならタイヤも直接提携先に運んでくれるようですし、店舗からタイヤを直接購入するのと同じようにできます。

 

アマゾンで気になることがあるとすれば、送料が必ずしも無料じゃないことくらいでしょうか。

アマゾンのタイヤのページ 

 

・オートバックスの場合

 

オートバックスの通販サイトで購入すると、系列の全国556店舗で交換することができます。

さらにネットショップ限定の特典として、

タイヤ・アルミホイールの脱着・組み替え・バランス調整、さらには窒素ガス封入のサービスがついて、一律4320円でできるようです。これはとても安いです。

自動車用品最王手のオートバックスだからこそできるサービスかもしれません。

取り付けの際は、技術的にスタンドよりも安心できるかもしれませんね。

タイヤガ安イ!【安心ノ日本製低燃費タイヤ】 オートバックス マックスラン エバーロード 175/65R14 82H 低燃費タイヤ 【サマータイヤ 1本】オススメ車種フィット、デミオ(~2014年8月)、キューブ(Z11系)等

価格:5,580円
(2018/2/15 10:39時点)
感想(1件)

・オートウェイの場合

 

オートウェイは言わずと知れた、タイヤ通販サイトの最王手です。

楽天・ヤフーのタイヤ販売ランキングを常に独占中のメガストアであり、タイヤの種類や在庫が圧倒的に多く、 激安アジアンタイヤが手に入ります。

 

「1本分の値段で4本買えた」と言う人がいるくらい驚きの安さです。送料は一律1000円。

ここで購入したタイヤは全国のタイヤ取付協力店3300店で取り付け対応し、タイヤの直送が可能です。

取り付け協力店の取り付け料金は全国一律で、次のとおりです。




気になる点はズバリ、取り付け料金です。決して安くは無いように思います。

ここで購入するなら、タイヤの購入だけにして、交換する整備工場は自分で探してもいいかもしれません。

タイヤはかなり激安です。

 

※タイヤ交換の料金に関して、廃棄するタイヤの処分料が含まれていないのに注意です。(上記3サイトすべて同じ)

タイヤなんてもって帰ってこれないですよね・・・。

 

 全てをお世話してくれるサイトで購入する

 

これからのタイヤの買い方として注目されているのは、この方法です。

ネットでタイヤ選びから交換店舗や入庫日を決め、予約時間にそこに行けばいいという最も安心で簡単な方法です。

もちろん料金はすべてコミコミの設定です。

 

・TIREHOODの場合

TIREHOOD(タイヤフッド)は比較的新しいタイヤ通販サイトで、購入から取り付けの申込まで一度に完了できます。

「安いく買いたいけど、よくわからないし、自分であちこち連絡したくない」

とういう人にはもっともおすすめな方法。

 

取り付け店舗に連絡する必要もなく、あとは行くだけです。取り付け協力店舗の多さも特徴です。さらにパンク保証まで付きます。

サイトも非常にわかりやすく、女性や、車やタイヤに詳しくない人でも、間違えずに自分の車のタイヤを選べます。

「タイヤを選ぶ」→「取り付け店舗を選ぶ」→「日時を決める」

シンプルでとてもわかりやすいです。

これからはやはりこのようなタイヤの購入方法が増えるのではないでしょうか。



 

 

 

以上、通販でタイヤを購入する場合のコツと方法でした。

タイヤは非常に高価です。思い切ってインターネット通販で購入してみてはどうでしょうか。

最後までありがとうございました!

 

ゆうすけの他の記事

ディーラー車検に迷ったら読むページ

自動車の整備料金が工場によって違う2つの理由

得?損?新車購入時のメンテナンスパック加入

初めての胃カメラ!(爆笑)のど麻酔を忘れられた男!?ゼリーは、のど麻酔だ!おれは麻酔しないで胃カメラ飲んだんだ!  ←笑ってください

 

 

 

 

スポンサーサイト

「マツコの知らない世界」「めざましテレビ」など、全国的にも有名な番組にも多数取り上げられている実績のある高級プリンの専門店だそうです。


1度食べてみたい!でも高い!お金に余裕があるかたはどうぞ。女性へのプレゼントなら喜ばれれるかもしれないですね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA