タント・ムーヴのおすすめバッテリーはたった一つ!?


 

今回は、エコアイドル(アイドリングストップ)が搭載されている、ダイハツの全ての軽自動車におすすめのバッテリーを紹介します。

ダイハツ車のバッテリーはカオスで決まり!?

 

ダイハツは2011年のミライースの発売を皮切りに、現在まで次々とアイドリングストップ車を発売しています。

車種は、ミライースの他にタント、ムーヴ、ミラ、ムーヴコンテ、ミラココアなどさまざまです。それらを、ダイハツではエコアイドルと呼んでいます。

このエコアイドルの車両は、基本的にシステムが同じで、搭載されているバッテリーも全て同じです。
ずばり、

ダイハツのエコアイドルの車のバッテリーは、全てM-42です

注意 M-42Rではありません。

 

それでは、ダイハツのアイドリングストップ車におすすめのバッテリーを2つだけ紹介します。

スポンサーサイト


おすすめ1 パナソニック・カオスM-55(アイドリングストップ車用)

 


カオスはパナソニックストレージバッテリーが販売する、最も高価で最高性能のバッテリーです。

このバッテリーは、いろんな性能がダントツに良いです。

詳しく説明すると、専門的過ぎるので今回はやめますが、おそらく整備士のほとんどの人は、「バッテリーはカオスが一番良い」と答えるのではないかと言うくらい、評価が高いバッテリーです。

「オーディオの音質が変わる」などとも言われています。

値段が高いのが難点ですが、確かなバッテリーです。
もちろんこれがわたしの一番のおすすめです。

注意 カオスのM-42はおそらく在庫分しか市場にないため、今後順次切り替わるM-55を購入してください(M-42よりM-55の方が性能が高いので、M-42ではなくM-55をおすすめします(サイズは同じです))

こんな人におすすめ

・バッテリートラブルなんて二度とゴメンという人

・ちゃんとしたものを買いたいという人

・よくわからないけど無難に選びたい人

カオス 公式HPはこちら

 

おすすめ2 とにかく安いM-42

 

次のおすすめははっきり言ってありません。なので、値段で選びましょう。

M-42というバッテリーはアイドリングストップ車専用で、そもそも性能が高いものです。

その性能は一定以上なければならないので、どのメーカーのM42バッテリーも一定の基準を満たしていることになります。

そして、パナソニックのカオス以外のバッテリーには、それほど大きな差はないとわたしは感じます。

だからこそカオス以外なら、値段の安いものを選べば良いと思います。

 

こんな人におすすめ

・代替が近い

・できるだけ安く購入したい

・バッテリートラブルがそれほど苦にならない

 

みなさまの参考になれば幸いです。

 

検証!車のバッテリーは充電で復活するか

 

スポンサーサイト





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA