実際の燃費とカタログ燃費の違いは?


 

新しい車を買ったけど、思ったより燃費が悪い

なぜ、カタログ燃費と実際の燃費が違うのか

 

今回は「実際の燃費とカタログ燃費の違い」を、わかりやすく徹底解説します。

国土交通省の見解

 

平成23年、自動車のカタログ等における燃費値の表示方法が一部変更された時(10.15モードから現在のJC08モードに変更された時)に、国土交通省が公表した資料から抜粋します。

この資料の中で次のようなFAQが掲載されています。

Q.カタログに記載されている燃費値と実走行時の燃費値が違うのはなぜ?

 

A.自動車の燃費は、気象条件や渋滞等の使用環境や、急発進、エアコン使用等の運転方法に応じて異なります。

燃費測定モード(JC08モード)は、自動車の燃費性能を比較するために一定の走行状態を定めて測定している一つの指標です。

このため、カタログに記載されている燃費値と実走行時の燃費 値は必ずしも一致しません。

一方で、カタログ燃費値と実走行燃費値との乖離(かいり)をできるだけ小さくすることは重要ですので、国土交通省では、2011 年4 月よりJC08 モードを導入するとともに、今後とも、燃費値のよりよい測定方法、公表方法の検討を続けて参ります。

スポンサーサイト




 

解説と私の個人的見解

 

「燃費は走り方やエアコン使用などの条件によって変わる」というのは、みなさんも知っていると思います。

しかし、それだけでは納得できない人も多いと思います。だからこそみなさんもこのサイトにたどりついたのかもしれません。ここから私なりに補足していきます。

 

例えば、 自分の車と友人の車の燃費を比べる時に、あなたならどうしますか?

当然ながら、条件を同じにしますよね。

 

同じ距離、同じ季節、エアコンはONかOFFか、同じ道か。

その他も、全てを同じ条件にしないと、比較できません。

その同一条件で走行した燃費がカタログ燃費になる訳です。

 

つまりカタログ燃費というのは、

「他の車と比較するため」

に、全ての車を同じ条件で走行させた結果なんですね。

なので、日常的に自動車を使用した場合の実際の燃費じゃないのは当然で、どのメーカーもこの燃費で走れるなんて、始めから一言も言っていません。

 

ただ、言える事は、

「その条件なら、この車よりこの車の方が燃費がいい」

と、いうことですよね。これは間違いなく言えます。

 

最終的に何が言いたいのかをまとめると、 車を選ぶ時に、

「どの車が燃費がいいのか」

という視点で、カタログ燃費を見て欲しいということです。

「このくらいの燃費を出せる」ではなく、「この車は他の車に比べて燃費が良い・悪い」と、見ること。

やはり、実際の燃費は使ってみないとわからないというのが、現状のようです。

 

しかし、国土交通省の資料に補足されているように、実際の燃費とあまりにかけ離れるようでは、さまざまな誤解を生むため、やはりなるべく実際の燃費に近いほうがいい。

だから、平成23年に「10.15モード」から、より実際の燃費に近くなるように、「JC08モード」に以降したわけです。

将来的には、もっと実際の燃費に近いモードで測定するように変わるかもしれません。

いずれにしても、カタログ燃費というものは、そもそもそういう性質のものであって、それによってメーカーは嘘をついているわけでもなく(嘘をついていたメーカーもありましたが・・・)、みな同じ条件で燃費を競っているのです。

 

実際の燃費は、同じ車でもドライバーや環境によって全然違います。

条件が良ければ、カタログ燃費以上の実燃費を出すことも可能です。

 

実際の燃費とカタログ燃費の違いをご理解いただけたでしょうか。

最後までありがとうございました。

スポンサーサイト





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA