ネット通販で賢く節約!持込み取付けがてきて、安くて、信頼できる整備工場を探すコツ

Pocket

みなさんこんにちは。

自動車整備士を心から応援している、元ディーラー整備士ゆうすけです。

 

今回は少しでも車の維持費を節約したい人のために、パーツ持込ができる整備工場検索システムをご紹介し、そのメリットやデメリット、コツについて説明します。

役に立ったらどうか私をはげましてください(笑)

インターネット通販がお得な部品ランキング

 

まずはインターネット通販で購入すると、お得な自動車部品をランキングで紹介します。

そもそも、ネット通販でお得になりやすい商品と、あまりお得にならない商品がありますので、そこから紹介します。

ランキング順は、私の独断と偏見ですのであしからず。

 

1位 タイヤ・ホイール

2位 ナビやオーディオ

3位 バッテリー

4位 室内雑貨類

 

ネット通販で最もお得になると思う商品の、ダントツ1位はタイヤ・ホイールです。

定価の設定がないタイヤなどのパーツは、大量に仕入れることで安く販売することができます。

また、タイヤやホイールは需要が高く、単価も比較的高いのでそれだけでタイヤ・ホイール専門ショップが成り立つほどです。

インターネットの普及や、流通インフラの発展により、現在は巨大なタイヤ・ホイール専門ショップが登場し、圧倒的な価格力で市場に影響を与えています。

ナビやバッテリーについても、通販の値段を見ると、店舗販売の価格より10%~30%程度安い印象を受けます。

 

逆にインターネット通販であまりお得にならないのは、ヘッドライト、バンパーなどのその車にしか使えないような部品やブランド工具など、定価が設定されていて、価格が落ちにくいものです。

これらの部品は、送料を考えると、わざわざインターネット通販を利用しなくても、車屋さんに全て頼んだほうが安く済む場合が多いです。

通販で自動車部品を購入した場合の問題点

 

ずばり問題点は「取り付け作業をどうするか」です。

自分で取り付け作業ができる人は問題ありませんが、世の中の大半の人は取り付けができません。

ヘタにインターネットなどで調べてやろうとすると、途中であきらめてしまったり、車を壊してしまうこともあるかもしれません。

やはり、知識や技術が無い人が取り付けを行うには、相当なリスクが伴います。

 

「じゃあ作業工賃だけ支払って、整備工場に頼もう」と思う人も多いと思いますが、実はこれ、基本的に嫌がられます。

嫌がられるというのは、「断られる」又は「高い値段で請求される」ことを言っています。

嫌がられる理由は、整備工場側からすると、利益が割りに合わないケースが多いからです。

バッテリー交換を例に説明してみます。

 

一般的な普通車の場合(ほんの一例です)

バッテリーの部品の利益  5000円

バッテリー交換工賃の利益 2000円

整備工場では、合計 7000円の利益になります。

バッテリーをお客さんが持ち込んだ場合は、部品の利益がないので、利益は工賃のみで、2000円です。

もちろんバッテリー交換に掛かる時間は、どちらも同じです。

 

同じ作業なのに、パーツを持込されてしまうと、利益が極端に減ってしまい、整備工場側からすると

「やってられねえ」

となってしまいます。

従って、「パーツ持込お断り」や、利益を確保する為に、「パーツ持込料金」の設定があったりします。

 

特に、知り合いの整備工場や、いつもの整備工場にこれをお願いすると、「ずうずうしい客」「面倒な客」としてレッテルを貼られてしまう可能性があるので要注意です。

お願いする場合は、事前に低姿勢でお願いすることをおすすめします(笑)

 

これは飲食物持込禁止の旅館や遊園地と、まったく同じようなものです。

 

ちなみに私がいたディーラーでは、タイヤを自社から購入してもらった場合の取り付け、バランス調整の工賃と、持込の場合の工賃が別に設定されていました。(大きく違います。倍くらいのイメージです。)

 

このように、インターネット通販を利用するには「取り付けをどうするか」という問題必ず付きまとってきます。

次に、整備工場検索サイトを紹介します。

 

持込み取付ができる工場を検索できるサイト

 

先に述べたように、インターネット通販で購入した自動車部品の持込取り付けを嫌がる整備工場が多いのが現状です。

しかし、これを逆手にとって、

「うちの整備工場では喜んでやります」

という工場もあります。

そのような、パーツ持込整備ができる整備工場を検索するシステムがあるのでご紹介します。

ネットで購入したパーツを取り付けるなら【グーピット】

GooPit(グーピット)は「中古車探し」でおなじみのグーネットが提供する自動車整備工場検索サイトです。

車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などがができる修理・整備工場を お近くから探すことができるサービスです。

問合せだけなら完全無料で、複数の修理工場への問い合わせをすることもできます。

車系のサイトやブログ、ECで購入したタイヤやカーパーツの持込み取付ができる整備工場を探せるので

「自動車の部品、パーツはネットで買ったほうが安いけど、取り付けはどうしよう・・・」 という場合に、

GooPitなら近くの取付店をカンタンに検索できます。

インターネットで買ったパーツを持って行くのも面倒なので、事前に整備工場に問合せして直送してもらうことも可能です。

また、購入する前に複数の整備工場へ問い合わせを行い、取り付け工賃を確認することもできます。

 

やはり、整備工場をインターネットで探す時代が来たということでしょうか・・・。

自動車ユーザーからすると、とても便利なサイトだと思います。

このサイトを使うデメリット

 

このサイトというより、インターネットで整備工場を探すデメリットになるのですが、

やはり、相手の顔や整備工場を見ることができないところにあります。

整備工場は店によって、全てが違うといっても過言でないほど、いろいろな工場があります。

お店の雰囲気や規模の大きさ、駐車場の数、ショールームやトイレのきれいさ、接客対応の良さなど実にさまざまです。

働いているエンジニアも、昔のイメージの「寡黙な職人」タイプや「ヤンキー風」又は、「良心的な人」などさまざまです。

「行ってみたら、とんでもない店だった」

と、ならないようにしなくてはいけません。

しかし、残念ながらインターネットではそれらのことがなかなか見えてきません。

特にそのあたりに敏感な女性の方は、やはりディーラーや大規模整備工場などに行くのが無難かと思います。

「問い合わせ」で信頼できる整備工場を探せ

 

インターネットで整備工場を探すのは、やはりリスクがあります。

しかし、そのリスクを軽減するために、必ず「お問い合わせ」をすることをおすすめします。

勇気があれば電話が一番です。

その対応を聞いて、感じて、

「ここなら信頼できる」

と感じたところにお願いすれば、ある程度不安はやわらぐぎます。

このサイトを使用するのであれば、フリーダイヤルの電話番号と、メールによる問い合わせがあるので、そこを利用してください。

 

例えばメールであれば、

「平成27年式のタントのバッテリー交換をしていただきたいのですが、料金はいくらですか?バッテリーは持ち込みます」

などと、文章をつくり、コピーして、近くにある複数の整備工場にお問い合わせします。

その結果、対応や料金を比較して、一番自分に合いそうなところを選べば、ベストな整備工場を選べると思います。

 

また、その整備工場が気に入れば、今後もそこを気楽に利用できますので、適当に選ばずに、必ず複数の工場に「お問い合わせ」をして、整備する工場を決めることを強くおすすめします。

良心的で、技術力が高く、信頼できる整備工場を探すことは意外に難しいことです。

しかし、一度そういった工場を見つければ、あなたのカーライフは変わっていくはずです。

もし、自分に決まった整備工場が無ければ、このサイトでじっくり探してみてください。

そういう意味で、このサイトは価値のあるサイトだと私は思います。

 

最後にサイトの説明画像とサイトへのリンクを付けますので、参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索



サイトの説明

1.トップページ

2.エリア選択・整備工場検索

3.お問合わせ

簡単です!10個所くらいなら、5分で簡単に見積り取れます。

 

関連記事

タント・ムーヴのおすすめバッテリーはたった一つ!? ←人気記事

検証!車のバッテリーは充電で復活するか

自動車の整備料金が工場によって違う2つの理由

 

スポンサーサイト

「マツコの知らない世界」「めざましテレビ」など、全国的にも有名な番組にも多数取り上げられている実績のある高級プリンの専門店だそうです。


1度食べてみたい!でも高い!お金に余裕があるかたはどうぞ。女性へのプレゼントなら喜ばれれるかもね。ゆうすけ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA