検証!車のバッテリーは充電で復活するか

Pocket

車のバッテリーは充電で復活しないの?

今回はそんな疑問を持つ皆様のために、容量が低下したバッテリーを充電するとどうなるかを実際に検証してみたいと思います。

 

スポンサーサイト


 

3時間充電しても変わらない!?

 

今回のモデルとなるこの車(平成18年式エクストレイル)のバッテリーは2日前の寒い朝にあがってしまいました。

2日間程乗らなかっただけなのですが、朝エンジンを始動することができなくなりました。そしてその時はブースターケーブルで始動しました。(別の車のバッテリーからレスキューされた)

 

 

さて、 このバッテリーを最新のバッテリーテスターで点検してみます。

 

上の写真がバッテリー診断結果のプリントです。

充電量が100%健全性が0%になっています。この意味は皆様のスマートフォンを考えると分かりやすいです。

スマートフォンは長く使うとバッテリーの持ちが悪くなります。充電すれば充電量は100%になりますが、バッテリー持ちが良くなることはありません。

それと同じでこのバッテリーは、充電量は100%ですが、上がりやすい状態にあると言えます。上がりやすい状態というのは、「2日間乗らないだけでも、上がってしまう」や、「少し寒い日になるとエンジンがかからない」などの症状が起きやすいということです。

さて、このバッテリーを充電するとどうなるか確認しましょう。今回はバッテリーを車両から取り外さないで、充電します。充電する機械は整備工場には必ずあると思います。

 

準備完了。このまま三時間待ちます。

 

それでは三時間たちましたので、バッテリーの状態をチェックしてみます。

(本来なら、もっと長い時間充電したほうが効果が出ると思いますが、今回は3時間だけ)

 

上の写真の左が充電前で、右が3時間充電後のバッテリー診断結果です。

充電後も、充電量100%健全性0%です。

これは驚きました。充電前と何も変わっていません。細かくデータを見ると、状態がわずかに良くなっていますが、これ以上充電しても、おそらくさほど変わらないでしょう。

ということで検証を終了します。

 

スポンサーサイト




バッテリーが寿命であがった場合、「バッテリーの充電」という選択肢はない!?

 

健全性が下がっているということはバッテリーの寿命だと言えます。バッテリーを充電しても健全性は上がりません。つまり、充電はあまり意味がありません。またすぐにあがってしまうでしょう。

逆に言うと、健全性が高いバッテリーであれば充電すれば、良くなる可能性が高いということです。

 

まとめ

・長い間使ったバッテリーは充電してもあまり良くならない

・新しいバッテリーを、ライトの消し忘れなどで上げてしまった場合は、充電すれば良くなる可能性がある。

 

わたしは、ほとんどの場合において、バッテリーの充電という選択肢は無いと思っています。それは、ユーザーにとっても、整備工場にとっても、交換がベストだからです。その理由は上記の検証が物語っています。

充電で対応するということは、ユーザーにとっては、またどこかであがる不安が残り、実際にあがれば、また同じことを繰り返さなければいけなくなります。

整備工場でもまた助けに行かなければならない。そうなった時に必ずどちらも後悔するはずです。

 

「あの時交換しておけば良かった・・・」

 

みなさんはそうならないように、バッテリーがあがった場合は思い切って交換しましょう。充電だって、2~3000円くらいは請求されると思います。

 

バッテリーが自然にあがってしまったら、充電ではなく、交換するべきだとわたしは思います。

 

最後までありがとうございました。

 

動画で説明!ムーヴバッテリー交換動画 ←人気記事

タント・ムーヴのおすすめバッテリーはたった一つ!? ←人気記事

思わず「プッ」自動車整備士あるある23連発!

この記事の作者が気になる方はこちら



Pocket

“検証!車のバッテリーは充電で復活するか” への2件の返信

  1. 検証が中途半端ではないでしょうか?
    普通の充電器で3時間充電では、あまり意味がないと思います。
    3Aくらいの少ない電流で10時間くらい充電すると、CCAがかなり復活するケースも多いです。
    さらには、パルス充電器などを使用すると復活する確率が高まります。
    また、充電直後のCCA測定は当てにならないので、しばらく時間をおいて表層電圧が落ち着いてから測定すべきでしょう。
    通りすがりの者ですが、ちょっと気になったのでコメントしてみました。

    1. コメントありがとうございます!
      内容をよく読ませていただきました。「検証が中途半端」とのご指摘についてですが、コメントを読ませていただきまして、確かに私が行った検証は中途半端で不十分だと感じました。本来であれば、なんたまさんの言うとおり、充電の方法や充電器についてもっと詰めていくべきかと思います。
      記事の内容や表現について改めて考え、修正したいと思います!
      記事のタイトルや内容について、「どうしたらたくさんの人に読んでもらえるか」などばかりを考えていると、おおげさな表現やわかりやすくするために必用な説明が抜けてしまったりしてしまうことがあることをあらためて自覚しました。とても考えさせられるコメントを頂きまして、本当にありがとうございました。精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA