ダイハツ・動力伝達装置(トルクコンバータ)に関するリコール


平成29年4月に写真のようなリコールのはがきが届きました。

どう対処したらいいか解説します。

 

ただちにディーラーに連絡してください

 

今回届いたのはダイハツ・ムーヴ(平成26年式)に対するリコールのはがきでした。

内容を見てみるとトルクコンバータという部品に不具合があるため、対策品に交換させて欲しいという内容でした。

また、作業時間が6時間と書いてあります。

さらに、

最悪の場合、停車時等にエンストして再発進できなくなる恐れがあります。

と、書いてあります。

 

リコールですので当然無料ですが、面倒と思う人もいると思いますが、必ずディーラーに連絡して修理してください。

スポンサーサイト




 

このリコールでどんな修理をするのか

 

具体的にどんな整備をするのか気になる方のために、もう少しこの内容を詳しく説明します。

今回、リコールの対象となった部品はトルクコンバータという部品です。この部品の機能等は今回説明しませんが、エンジンではなく、車を前に進めせるためのミッションの一部です。

この部品を交換するために、どんな整備をするのかを予測してみたいと思います。

1.ミッッションオイル(CVTフルード)、エンジン冷却水(クーラント)を抜き取ります。

2.エンジンとミッションをセットでエンジンルームから取り出します。

3.エンジンとミッションを切り離します。

4.ミッションからトルクコンバータを外します。

5.新しい対策品のトルクコンバータをミッションに取り付けます。

6.エンジンとミッションをセットにして、再びエンジンルームに搭載します。

7.ミッションオイル(CVTフルード)、エンジン冷却水(クーラント)を入れて終了です。

これで作業時間6時間です。

しかし、おそらく2日間の日程で貸してほしいと言われると思います。

 

この整備は、いわゆる「エンジン脱着」を含む重整備とよばれるものです。

技術的には、5年以上整備経験があるエンジニアでなければ安心できない程、高い技術が必要な修理です。

実際にわたしの車がリコールの対象になっていますので、わたしもディーラーで修理してもらいますが、ちゃんと直してくれるか若干の不安があります。

この修理した場合のメリット・デメリット

 

メリット

・CVTフルードとクーラントが必然的に交換されます。特にCVTフルードは高価なのでラッキーかもしれません。

・洗車や掃除もしてくれるでしょう。

以上がこのリコールに出すことのメリットだと思います。

 

デメリット

これはリコールであり、無償修理です。デメリットはありません。

しかしリスクはあります。

大掛かりな整備ですので、要するに整備ミス等の心配があります。

 

何点か修理後に起きやすい不具合を書きますので、修理のあとで確認してみてください。

・ハンドルがまっすぐになっているかどうか

・走行中ガタガタ振動がないかどうか

・車の下にオイル等がこぼれていないかどうか

 

以上、平成29年4月に届出されたダイハツのリコールについての説明でした。

みなさまのお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーサイト