通販でタイヤを購入するときの方法とコツ


ネットで購入したタイヤを整備工場などに持ち込み交換をした場合の現状

 

タイヤはインターネットで購入すると、店舗での価格より非常に安く手に入ります。
サイズによっては、4本で5万円以上安くすむケースもあります。

しかし、このことは知っていても、なかなかインターネットで購入するのを躊躇される人も多いのではないでしょうか。

 

その理由にはこんなことが挙げられます。

・タイヤを買っても、どこに交換作業を頼めばいいのかわからない

・交換作業の料金がかかるので、結局店舗で買ったほうが安く済むのではないか

・タイヤが家に届いても、一時的にも置く場所がない

・インターネットの取引に不安がある

こんな風に考えている自動車ユーザーのために、インターネットでタイヤを購入する場合の、取り付けの方法やコツをご紹介します。

 

それでは実際に整備工場にタイヤの持ち込み交換をお願いするとどうなるでしょうか。

・タイヤ持ち込みでの交換を断る整備工場やタイヤ屋さんも多い

・持ち込み交換は受入れるが、店舗で買ったときの倍くらいの料金を掲示される場合がある

・馴染みの整備工場に嫌がられる

ざっとこんな現状でしょうか。

 

交換してくれるところを探しても、交換工賃、タイヤバランス料などを含め15000円~20000円くらいはかかってしまうことが多いようです。

これでは、せっかく調べて安くタイヤを購入した苦労がむくわれません。

インターネットでタイヤを購入する場合は、必ず「どこで交換するのか」を考えて購入するのことが重要です。

 

インターネットでタイヤを購入するときは、交換料金を含んだ料金で購入する

 

インターネットのタイヤ販売でも、購入者の最寄のスタンド等で交換ができる「タイヤと交換作業をセットにした商品」がありますので、そういった交換も安心な購入方法をいくつかご紹介します。

 

1.アマゾンでタイヤを購入する場合

 

赤枠を「交換・取付」をクリックすると、下の画面に飛びます。

ここではサービス券を購入したり、その他アマゾン提携先で交換することを選べます。

おすすめは、取付サービス券を購入するよりも、アマゾン提携先で交換することです。

上の表を見ると、アマゾンでタイヤを購入し、宇佐美や出光で交換すると、1本1080円から交換できるようです。

アマゾン提携先で交換する場合、このような流れになるようです。

これはとても便利ですね。しかも安い。これならタイヤも直接提携先に運んでくれるようですし、店舗からタイヤを購入するのと同じようにできますね。

2.オートバックス.comで購入する場合

オートバックスの通販サイトで購入すると、全国556店舗で交換することができます。

さらにネットショップ限定の特典として、

タイヤ・アルミホイールの脱着・組み替え・バランス調整、さらには窒素ガス封入のサービスがついて、一律4320円でできるようです。これは安いですね。

自動車用品最王手のオートバックスだからこそできるサービスかもしれません。

取り付けの際は、スタンドよりも安心できるかもしれませんね。


3.オートウェイで購入する場合

オートウェイは言わずと知れた、タイヤ通販サイトの最王手です。タイヤの種類や在庫が圧倒的に多く、 楽天などでは必ずと言っていいほど安い順に名前が出てきます。

「1本分の値段で4本買えた」と言う人がいるくらい驚きの安さです。

ここで購入したタイヤは全国のタイヤ取付協力店3300店で取り付け対応をします。

 

4.TIREHOOD(タイヤフッド)で購入する場合

TIREHOOD(タイヤフッド)は比較的新しいタイヤ通販サイトで、購入から取り付けの申込まで一度に完了できます。

取り付け店舗に連絡する必要もなく、あとは行くだけです。取り付け協力店舗の多さも特徴です。

サイトも非常にわかりやすく、女性や、車やタイヤに詳しくない人でも、間違えずに自分の車のタイヤを選べるのではないでしょうか。

「タイヤを選ぶ」→「取り付け店舗を選ぶ」→「日時を決める」

シンプルでとてもわかりやすいです。

これからはやはりこのようなタイヤの購入の仕方になるのではないでしょうか。

個人的に気になるのは、「ガソリンがあたるキャンペーン」ですwww

 

以上、通販でタイヤを購入した場合の、取り付け方でした。

タイヤは非常に高価です。思い切ってネットで購入してみてはどうでしょうか。